iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhone 7の画面割れの方必見!画面割れを放置した場合の取り返しのつかない危険性 iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

iPhone7の修理について

iPhone 7の画面割れの方必見!画面割れを放置した場合の取り返しのつかない危険性

[2019.10.18] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:iPhone7の修理について

iPhone 7.iPhone 7 Plusは

2016年の発売から3年以上が経ちましたが、

いまだに一部のキャリアが販売しており、

機種価格も手頃になっていることから、

まだまだ人気の機種になっています。

 

また機能的にも、今となっては最新機種に

劣るものの、普段使う上では十分なスペックです。

 

今回はそんなiPhone 7の画面の特徴と

画面の故障について、少しご紹介していきます。

 

 iPhone 7画面の特徴

まずはiPhone 7シリーズの画面について

ご紹介していきましょう。

 

iPhone 7の画面の仕様と特徴

iPhone 7,iPhone 7 Plusの画面は、

最近の主流になりつつある「有機EL」を

採用したディスプレイではなく、

従来のスマホに多く使われている【LCD】

いわゆる【液晶ディスプレイ】が

採用されています。

 

ディスプレイサイズは

iPhone 7は4.7インチ、

iPhone 7 Plusは5.5インチ

となっています。

 

画面解像度は、

iPhone 7は1334×750の326ppi

iPhone 7 Plusは1920×1080の401ppi

となっています。

 

前のモデル、iPhone 6s,iPhone 6s Plusとは、

ディスプレイサイズや液晶画面解像度について

特に仕様に変更はなく同じです。

 

また3Dタッチも6s同様に対応しています。

 

ディスプレイの見た目も同じとなると

仕様が変わった部分はあるのでしょうか。

 

前モデルiPhone 6sとの違いとは

iPhone 6sシリーズとiPhone 7シリーズの

ディスプレイ部分にも、もちろん違いはあります。

 

まずは【色域】つまり「色味の再現について」です。

 

iPhone 6sシリーズに採用され、他の多くのスマホ

でも多く採用されている色域は【sRGB】と呼ばれており、

iPhone 7シリーズでは、より広色域【P3】となりました。

 

【sRGB】と【P3】、ざっくり違いをご説明すると

iPhoneの液晶画面上で再現できる「色あい」です。

 

もちろん【P3】のiPhone 7の方が色彩の

再現度が高く、より色鮮やかに再現できる

ようになっています。

 

さらに【最大輝度】にも違いがあります。

【最大輝度】つまり画面の明るさの違いです。

 

iPhone 6sの最大輝度は、iPhone 7と比較して

それぞれ最大まで明るくした時、

iPhone 6sよりもiPhone 7の方が

25%明るくなっているとのことです。

 

そのため同じディスプレイサイズ、

同じ解像度でも、iPhone 7の方が

より明るく色鮮やかな画面が

表示されているというわけです。

 

耐水仕様の秘密は画面にもある

また内部にもiPhone 6sとは異なる

仕様はあります。

 

iPhone 7は、iPhoneシリーズで初めて

【耐水仕様】になりました。

 

基本的に精密機械であるiPhone 7の

内部基板は濡れても問題ない

ということはあり得ません。

 

「耐水仕様」は如何に内部への浸水を防ぐか

ということが重要になってきます。

 

そのため、耐水仕様ではないiPhone 6s以前との

違いはiPhone 7の画面パーツに使われている

粘着テープとスピーカー部分のメッシュです。

 

iPhone 7の画面パーツと本体フレームの隙間には

本体内部への浸水を防ぐため、

耐水性の高い粘着テープを使っています。

 

またiPhone 7のイヤスピーカー部分については、

音が籠らないように通気性を維持しつつ、

水分が入らないように、iPhone 6sより目の細かい

メッシュ素材が使われています。

 

これによりiPhone 7の耐水性を高めているわけです。

 

 iPhone 7のおもな画面故障と注意点

iPhone 6sから細かくバージョンアップした

iPhone 7でも、落としたりぶつけたりで

画面ガラスが破損したり液晶が故障することはあります。

 

iPhone 7の修理で最も多いのも画面に関する

破損や故障です。

 

画面ガラスの破損が最も多いですが、

それ以外にも危険な故障はいろいろあります。

 

誤動作が起きてタッチ操作ができない

画面故障の中で意外に危険な症状が、

「タッチの誤動作」や「タッチ操作不可」など

画面タッチについての不具合です。

 

画面割れや破損と同様に、画面パーツを交換すれば

改善することがほとんどなので、

故障自体が直せないわけではありませんが、

内部データが無くなってしまう危険があるからです。

 

iPhone 7や他のiPhoneをお使いの方の多くは、

もしもの時のためにパスコードを使った

「セキュリティロック」をかけていると思います。

 

そのセキュリティロックをかけた状態で、

画面のタッチセンサーが故障してしまった時が

厄介なことになります。

 

それは意図しない時でもパスコードの入力画面で

タッチセンサーが誤動作してしまい、

勝手に間違ったパスコードが入力されてしまう

ことになるからです。

 

iPhoneのセキュリティパスコードは、

一定回数間違えてしまうと、完全にロックされ

本体を初期化しないと使えなくなってしまいます。

 

本体が完全にロックされた場合、データについては

本当にどうすることもできません。

 

そうなる前に修理しないといけないわけです。

 

画面が真っ暗、でも起動している?これも危険です

また、画面表示が真っ暗な場合も同じく危険です。

 

完全に電源が落ちている場合でも、画面だけが

映っていない場合でも同じですが、

こちらも液晶表示が故障しているだけでなく、

誤動作してパスコードが誤入力されていることが

あるからです。

 

タッチセンサーは液晶パネルに直接組まれているので、

液晶パネルが故障した場合、高確率でタッチセンサーも

故障してしまうので、画面が表示不可の場合も

早めに修理に出していただくことをおすすめします。

 

もし iPhone 7の画面が破損したらどうするか

どんなに注意してiPhone 7を使っていても、

思ってもないことで画面が割れたり

破損したりしてしまいます。

 

そうなった時、突然のことでどうすればいいか

わからなくなってしまいますよね。

 

一般的には正規修理店での修理ですがデメリットも

iPhone 7や他のiPhoneが破損・故障したとき

一番に修理で思いつくのは、【Apple Store】や

正規修理店の【正規サービスプロバイダー】での

修理や交換だと思います。

 

iPhoneのメーカー対応ということもあり、

交換の機種やパーツについては純正で

品質については保証されていると思います。

 

また料金に関しても、メーカー保証や

キャリア保証が適用されるので、

保証に入っていればある程度リーズナブルに

対応してもらえると思います。

 

そんなメリットのある正規修理店ですが、

もちろんデメリットもあります。

 

まず対象店舗については、受け付けてもらうには

原則的に事前予約が必要になってきます。

 

そのため、iPhone 7が破損したからといって

その日に修理してもらえるというわけでは

ありません。

 

さらにiPhoneのユーザーが多いこともあって、

混み合っていることも珍しくなく、

都合の良い日にちに予約が取れないことも

多いようです。

 

そうなるとなかなか修理に出しにくいですよね。

 

また修理に出すときには、データの初期化が

必要なことも、結構厄介なポイントです。

 

普段からバックアップをとっている方でも、

データの復元等は面倒ですが、

普段からあまりバックアップを

とっていない方にとってはさらに面倒で、

もしタッチ操作ができない場合は、

データを諦めないと修理ができないことになります。

 

特にデータのバックアップが必要なことは

かなりのデメリットになると思います。

 

スマホスピタル和歌山店にお任せください

いろいろ面倒なことも多いiPhone修理ですが、

最近利用者が増えているのが【第三者修理店】です。

 

当店「スマホスピタル和歌山店」も、

そんな【第三者修理店】の一つになります。

 

【第三者修理店】のメリットは、

即日修理とデータを残したまま修理することです。

 

基本的に画面割れについても

画面パーツを交換する形で修理を行い、

修理時間も比較的短時間で終わります。

 

また予約がなくても受け付けてもらえることが

多いので都合の良い時に修理に出すことも

簡単にできます。

 

さらにパーツ交換で修理するので、

保存されているデータもそのままなので、

バックアップがなくても問題ないというわけです。

 

ただ第三者修理店は正規修理店と違い、

純正のパーツ以外のパーツで修理を行うため、

取り扱い店舗によって品質にばらつきがあり、

修理技術にも良し悪しがあるので、

どの店舗を選べば良いか判別しにくいです。

 

そんなときは当店にお任せください。

 

【スマホスピタル和歌山店】は

全国に80店舗以上あるスマホスピタルグループの

系列店舗で年間80万件以上の修理から得た

ノウハウを活かし高い技術で修理を行っております。

 

また「総務省登録修理業者」にも認定されており、

国からも高い品質の修理技術を保証されております。

 

もしお持ちのiPhone 7が破損や故障して

お困りの時はお気軽に当店までご相談ください。

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル