iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhone7の水没修理が増加中!iPhone7の防水・耐水はどの程度なの? iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

iPhone7の修理について

iPhone7の水没修理が増加中!iPhone7の防水・耐水はどの程度なの?

[2017.08.01] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:iPhone7の修理について

過信しないで!iPhone7の耐水仕様 今iPhone7の水没修理が増えてます!

 

夏といえば海・川・プール!ですが

もう1つ夏の風物詩というのがそう「iPhoneの水没」です。

やっぱり水の周りに行く機会が増えるこの時期は1年の中で

圧倒的に水没修理の依頼が増えます。

 

・海でiPhoneを持って浮き輪に乗っていたら落とした

・川でバーベキューしていて落とした

・プールに入りながら写真を撮ろうとしてしぶきがかかった

などなどありますが基本的に水の周りに持って行く時点で

水没の可能性がかなり高いので、水の中や近くに行く際は

iPhoneを置いていきましょう。

 

今回はすでに増加中のiPhone7の水没修理について

ご紹介していきます。

 

 

防水と耐水ってどう違うのか?

iPhone7は防水機種として知られていますが

実はAppleはiPhone7は「耐水仕様」だと言っています。

 

以下Appleホームページ参照

https://www.apple.com/jp/iphone-7/specs/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、

実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで防水と耐水について調べてみました。

 

「防水」とは

水はしみこむのを防ぐ事。

水が入ったりしみこんだりしないように処理・加工する事

 

「耐水」とは

水がしみ通らないこと。また、水によって変質や破損しない事。

 

同じような意味に思っちゃいますね。。。

一応、防水の程度を表すのに

あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

というものがあります。規格では防水規格となっているので

どの程度の防水性なのか?を表すものと、とらえていいと思います。

 

どの程度の防水性なのか?

iPhone7/iPhone7Plusは

【IEC規格60529にもとづくIP67等級】

となっています。

IP67とは?

防水・防塵規格を表す記号で

「IP○□」とありますが

この○の部分に入る数字が防塵の程度を表し、

□の部分に入る数字が防水の程度を表しています。

 

防塵については「中に粉塵が入らない(対塵形)」となっていて

外来固形物に対する保護等級としては最大の等級となっています。

 

ではiPhone7の防水の規格である「7」は

どの程度の防水性なんでしょうか?規格の保護内容によると

「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない」

とあります。この一時的に一定水圧というのは

「30分間、1mの水深に浸した場合」という事です。

ここで注意すべき点は防水試験でクリアしたのは

【常温の真水で流れのない状態で浸した場合】になるので

それ以外では耐水にならないという事です。

 

防水であるはずのiPhone7がなぜ水没するのか?

iPhone7の水没修理が増加中!iPhone7の防水・耐水はどの程度なの?

 

iPhone7の水没修理が増加中!iPhone7の防水・耐水はどの程度なの?

 

先ほどの防水テストの内容にあったように

【30分間、常温の真水で流れのない状態の水深1mに浸した場合】

になるのでそれ以外は耐水にならないのです。

実際の水没シーンにそんな状況は無い!

 

実際にiPhoneが水没した!となるのはどんな状況でしょうか?

当店に依頼のあるもので多いのは

1位 トイレ

ダントツこれですね。夏場以外は約9割がこれです。

2位 お風呂

お風呂にそのまま持って入る、ジップロックに入れて

タオルにくるんで等々、これら全て水没する可能性が大です。

湯船にポチャンとならなくても湯気で十分水没します。

3位 洗濯機

これが厄介なんです。洗剤という不純物が

本体内部の基板を復旧不可にさせる威力が強い、、、

 

他にも水没するシーンはありますが

(カレー没やラーメン没など以外と汁物に浸かるパターンは多いです)

防水試験と同じ状況はほぼ起こり得ないといっても過言ではありません。

そもそもそういった場合には耐水としての機能が対応していないという事です。

 

耐水性能は確実に劣化する

そしてもう1つの理由に耐水性能の劣化があります。

iPhone7やその他の防水Androidスマホの耐水仕様は

どんな作りになっているかご存知ですか?

 

正直見ると驚くと思いますが

本体と画面の間の隙間に粘着性の両面テープが

貼られています。このテープが耐水仕様の役割を

果たしているのです。もちろん他にもネジ部分にパッキンのような

ものが付いていたりなどはありますが、基本的にスマホの耐水しようというと

この粘着テープの役割が大きくなっています。

そうですテープで隙間を埋めているだけなんです。

 

そしてテープなので普通に使用していても劣化していきます。

夏になると気温が高く、その熱で劣化が早まったりですね。

なので購入当時ならいざ知らず何ヶ月か使用していると

もう耐水仕様というよりは水滴くらいは防げるかな?

程度に思っていた方がいいです。

 

そういった耐水劣化があるのでAppleやスマホのメーカーも

水没による故障は保証対象外となっています。

なんだか矛盾している気がしますが、、、

 

まとめますと

・iPhone7/iPhone7Plusは耐水仕様

・耐水は試験と同じ状況下でのみ

・水没する時にそんな状況はない

・使い始めた瞬間から耐水仕様の劣化が始まる

・耐水機種だが水没故障は保証対象外

 

という事です。

ここ最近本当に7の水没復旧修理の依頼が

多くなっていますのでくれぐれもご注意下さいね

iPhone・スマホでお困りの際はお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせお待ちしています

0734228811

かんたん予約

 

一覧に戻る
アイフォン 買取 故障 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタル保証で画面修理が1000円に!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル