iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhone XsとXRの画面は同じに見えて大きな違い!画面仕様の違いと故障時の対応 iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

困ったときは

iPhone XsとXRの画面は同じに見えて大きな違い!画面仕様の違いと故障時の対応

[2019.11.12] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:困ったときは

2018年にiPhone X後継の機種として発売された

「iPhone Xs」と「iPhone XR」。

 

同時期に発売された2つのモデルですが、

本体の構造はかなり違っており性能も違います。

 

今回はそんな2機種の画面構造について

ご紹介したいと思います。

 

iPhone Xsのハイスペックな画面構造

まずはiPhone Xの正当な後継機、

「iPhone Xs」についてご紹介していきます。

 

iPhone Xsの画面サイズは手頃な5.8インチ

iPhone Xsのディスプレイサイズは5.8インチと

前モデルのiPhone Xと同様のサイズになっています。

 

ディスプレイサイズとしては、それまで最大サイズだった

iPhone 7 Plusや8 Plusの5.5インチよりも大きくなりました。

 

ただホームボタンを廃止して本体の端ギリギリまで

ディスプレイのある「ベゼルレスデザイン」のため、

iPhone 7Plusや8Plusよりも本体サイズはコンパクトで

大画面で迫力のある画像を楽しむことができ、

片手操作もギリギリ可能な大きさになっています。

 

最近のモデルはディスプレイサイズが6インチを超える

モデルも多くなっているため、迫力のある画像を楽しむ

ことができる機種は数多くありますが、

片手操作ができる機種はなかなかありません。

 

そんな中で片手操作ができる高性能機種は、

結構ありがたいのではないでしょうか。

 

液晶画面(LCD)ではなく有機EL画面(OLED)

iPhone Xsの画面構造の大きな特徴の一つが

【有機ELディスプレイ】を採用しているところです。

 

有機ELディスプレイは、前モデルiPhone Xから採用された

最近注目を集めている新しいディスプレイで、

従来の液晶ディスプレイにとって変わるとも言われています。

 

ですが、その構造や仕組みについては、あまり知られていません。

 

そんな有機ELディスプレイですが、構造自体は非常にシンプルで

最近になってできた新しい構造という訳でもありません。

 

イメージ的には、ひと昔前のパソコンやテレビに使われていた

【ブラウン管モニター】とほぼ同じ仕組みになっています。

 

画像を構成するドットそのものが発光して色彩を表現する

仕組みなっています。

 

そのため液晶パネルのようにバックライトやカラーフィルター

を必要としないので、画面構造が多層構造にならず、

「薄く軽く」できるというメリットがあります。

 

表示ディスプレイのある画面パーツが「薄く軽く」

できる有機ELディスプレイを採用することで

iPhoneの本体をより薄く軽くることができます。

 

さらに画像を構成するドットの必要な部分だけを

発光させるため、液晶ディスプレイでは

完全に表現することが難しかった【黒色】を

より自然な色として表現することができます。

 

これにより、高精細な画像を表現することが

できるようになりました。

 

また有機ELディスプレイを採用することで、

液晶ディスプレイに比べて消費電力を30%程度

抑えることができるので、バッテリーの充電回数を

減らすことができるので、バッテリーの寿命を

延ばすことにも繋がると言われています。

 

その他にもディスプレイを湾曲させることができたりと

スマートフォンと相性の良いディスプレイではないでしょうか。

 

従来の3D Touchにも対応

iPhone Xsの画面の仕様について、

iPhone XRには採用されていない機能があります。

 

それが「3D Touch」です。

 

3D Touchは、画面を強く押すことで様々な操作ができる

iPhone 6s以降のモデルには採用されてきましたが、

iPhone XRでは不採用となりました。

 

そのため、3D Touchを使うゲームやLINEの既読スルーを

常用している人にとっては注意が必要ですね。

 

iPhone XsとXRの画面は同じに見えて大きな違い!画面仕様の違いと故障時の対応

 

新モデルiPhone XRの画面構造

続いては、新シリーズiPhone XRの

画面構造について、ご紹介していきます。

 

iPhone XR画面サイズはXsより少し大きい6.1インチ

iPhone XRの表示ディスプレイは6.1インチで

iPhone Xsと比較して一回り大きいサイズに

なっています。

 

デザインとしては、iPhone Xsと同じく、

ホームボタンを廃止しベゼルレスデザインとなっていますが、

それでも画面サイズが6インチを超えてくると、

片手のみで操作するのはかなり難しくなります。

 

それでもiPhone Xsよりも一回り大きい分、

より迫力の画像や映像を楽しめると思いますので、

Xs Maxは大きすぎるので迷われているなら、

ちょうど間のiPhone XRを使われても

いいかもしれませんね。

 

iPhone XRは従来の液晶ディスプレイを採用

そして有機ELを採用したiPhone XsやXs Max

とは違い、従来のiPhoneシリーズに採用されている

液晶ディスプレイ(LCD)が採用されています。

 

解像度に関しても、

iPhone Xs → 2436 × 1125ピクセル

iPhone XR → 1792 × 828ピクセル

と、解像度も低くなっています。

 

ただ実際の画面表示を見比べてみても、

パッと見ではどちらの画質がより綺麗かどうかの

判別が難しいくらいで、特に気にならないと思います。

 

もちろん性能的には有機ELが使われているiPhone Xsの

方が高性能ではありませすが、iPhone Xsの価格は

高く設定されています。

 

そのためハイスペックに拘りがないのであれば、

iPhone XRを選ぶのいいかもしれませんね。

 

突然、画面が不具合になった時の対処法

iPhone XsやiPhone XRは比較的新しいモデル

ですが、それでも大事に使っていても故障

してしまうことはゼロではありません。

 

とく落としたりぶつけたりして画面が

割れていなくても、表示不良やタッチ誤動作が

起こることも少なくありません。

 

最後は、そんなiPhone XsやiPhone XRの

画面故障の場合の対処法についてご紹介します。

 

まずは再起動してみる

iPhoneのディスプレイに表示不良や

タッチの誤動作が起こった場合、

まずは電源を落として再起動をかけてみましょう。

 

iPhone XsやXRに限らず、ほとんどのスマホの誤動作は

一時的なシステムの誤動作が多く、再起動することで

改善することがほとんどです。

 

画面操作ができる場合には、通常通り電源を落として

再度電源を入れ直せばいいですが、操作できない場合は

強制再起動が必要になってきます。

 

iPhone Xs、iPhone XRの強制再起動方法は、

まず「音量を上げる」ボタンを押してすぐに離して、

次に「音量を下げる」ボタンを押してすぐに離して、

最後にAppleのリンゴマークが表示されるまで

サイド(電源スリープ)ボタンを長押しします。

 

少しややこしいですが、まずはこの強制再起動を

試してみましょう。

 

保証を適用するなら正規修理店へ

もし再起動や強制再起動をしてみても改善しない時は、

iPhone本体の修理が必要になってきます。

 

購入してから間もない場合やApple・キャリアの保証に

加入されていてその保証適用で修理を行う場合には、

Apple製品の正規修理店での修理が一般的です。

 

Appleの正規修理店では、保証を適用することで、

比較的割安で純正パーツでの安心の修理を

受けることが可能ですが、デメリットもあります。

 

一つは事前予約が必要で、すぐに修理対応してもらえない

ことがあることです。

 

正規修理店は店舗も少なく、iPhoneユーザーも多いことから

混み合っていることが多く、事前予約の場合も、

自分の都合の良い日に予約がなかなか取れないこともあります。

 

行きたいときに修理ができないのは困りますよね。

 

また修理のとき、内部データの初期化が必須で、

初期化できない場合でも修理後には初期化されて

返却されるためバックアップを取っていないと

保存データは諦めないといけません。

 

修理前にバックアップが取れればいいですが、

画面操作ができなかったり、画面が映らない状態では

バックアップが取れないこともあると思います。

 

そんな時、データも諦めないといけないとなると

ダブルでショックですよね。

 

こんな時は当店までお問い合わせください。

 

データそのままの修理ならスマホスピタル和歌山店まで

当店【スマホスピタル和歌山店】は第三者修理店で

80店舗以上の店舗を持つスマホスピタルグループの

系列修理店になります。

 

当店は第三者修理店の中でも、高品質・高技術で

国が定める厳しい審査基準をクリアすることで

認定される【総務省登録修理業者】として登録され

確かな品質と技術で安心の修理をお約束します。

 

また正規修理店のような事前予約がなくても

修理を受け付けており、保存されているデータも

初期化せずそのまま修理を行っております。

 

もしiPhone XsやiPhone XRの突然の画面故障で

お困りの時はお気軽に当店までご相談ください。

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル