iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhone 8の水没をほぼゼロにできる⁈その予防法と故障復旧率をあげる3つの方法 iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

iPhone水没修理について

iPhone 8の水没をほぼゼロにできる⁈その予防法と故障復旧率をあげる3つの方法

[2019.07.05] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:iPhone水没修理について

当店への修理問い合わせで意外に多いのが、

iPhoneを水濡れや水没させてしまい、

電源が入らなくなるなどの故障についてです。

 

最近では耐水仕様のiPhoneもあるので、

修理のお問い合わせ件数も少なくなっていると

思われるかもしれませんが、

耐水性能が付いたiPhone 7やiPhone 8も

水没して故障したとご相談いただくことも

少くありません。

 

今回はそんなiPhoneが水濡れ、水没した時に

してはいけないこと、まずすべきことを中心に

修理までの流れをお伝えしていきます。

 

水濡れ、水没したときの応急処置

まずすべきことは電源OFF

もし万が一お持ちのiPhoneを水没させてしまったとき

電源が点いている場合、まずすべきことは

「iPhoneの電源をOFFにする」ことです。

 

 iPhone 8が水没しても電源が入っていると

耐水仕様ということもあって、

そのまま使ってしまいそうですが、

バッテリーと通電した電源が入った状態は

常に内部の基板等に電流が流れているので

少しの水分でショートしたり、

吸い文中の異物で腐食してしまう恐れがあります。

 

本体の基盤がショートしたり腐食したりすると

二度と電源が入らなくなるなど、

重大な故障につながってしまいます。

 

少しでも重大な故障なることを防ぐのであれば、

電源をOFFにして、通電によるショートや腐食を

防ぐことがとても重要になるのです。

 

ケースなどを外して水分を拭き取る

iPhone 8を使っている方のほとんどは、

保護ケースや保護フィルムを付けていると思いますが、

そういったアクセサリーが付いていると、

本体との隙間に水分が残りやすくなります。

 

水没後は濡れた本体をしっかり拭いて

水分を取り除くことが大切ですが、

ケース等を着けた状態だと、それができません。

 

残った水分が本体内部に侵入して、

それが基板のショートや腐食の原因になることも

あるので、本体表面の水分を拭き取るときは、

アクセサリーを外してしっかり拭き取るように

していきましょう。

 

iPhone本体を乾燥させる

iPhone 8の水没復旧で最も大切なのが

濡れた内部の乾燥です。

 

インターネットを調べてみると、iPhoneを

水没した場合に本体を乾燥させる方法が

いろいろ出てきます。

 

一時的な応急処置としては、

お米や乾燥剤と一緒にジップロック等で密閉して

乾燥させる方法があります。

 

ただあくまでも応急処置的な作業なので、

しっかり乾燥させるには本体を開けて

乾かすことがベストです。

 

ですので早めに修理店にお願いすることを

おすすめします。

 

ただ注意が必要なのが、応急処置の中でも

やってはいけない方法があるということです。

 

本体を早く乾燥させようと、

「ドライヤーや電子レンジを使った」

といった方がたまにおられますが、

絶対に止めてください。

 

いくら故障しているとはいえ、

本体内部にはリチウムイオンバッテリーもあり

過度な熱が加わると内蔵バッテリーが

発火や破裂などする危険もあるからです。

 

基本的には、自然乾燥がベストなので、

水没の場合は電源を落として、近くの

修理店にお持ちいただくことがベスト

だと思います。

 

水濡れ水没するときの状況を知って予防する

iPhone 8を水濡れや水没で故障したときは

「水回りで使わなければ良かった」と

後悔された方も少くないと思います。

 

特に意識していないと実際に水没故障してしまう

恐れがある状況はなかなか想像できないかと思います。

 

そんな水没してしまう恐れがある状況を知って、

なるべくその状況でiPhoneを使わないように

するだけでも、水没や水濡れするのを防ぐことに

つながると思います。

 

続いてはそんな水濡れや水没してしまう状況を

いくつかご紹介します。

 

最も多いのが日常生活の水回りでの水没

iPhoneやスマートフォンを水没してしまう状況で

最も一般的な状況は、日常生活における

水周りでの利用中での水濡れ・水没です。

 

1年を通して、キッチンの流し台、

洗濯機・トイレに落として水没する、

という状況がほとんどです。

 

iPhone 8もそうですが、最近のスマホの多くは

耐水仕様のスマートフォンが多いので、

「少しくらいなら大丈夫」とためらうことなく

使われている方も多いと思います。

 

確かに耐水仕様があるので、

少し水しぶきがかかったり濡れた手で

触っても故障してしまう可能性は低いでしょう。

 

それでも普段使いとは環境が違うことは

忘れてはいけません。

 

近くに水の溜まったポイントがあったり

手から滑り落としやすかったりといった、

危険はたくさんあります。

 

基本的には利用を控えて、もし使うときでも

細心の注意は必要ですね。

 

意外に多いレジャーでの水没

特にこれからの夏の時期になると多くなってくるのが

海や川、プールでのレジャーで水濡れ・水没

させてしまうケースです。

 

実際にその場所に行っていない時には、

そんな近くに水がある状況で使わないと思っていても、

いざ行くと気分が盛り上がり、ついついスマホの

カメラを使ったりしてしまいますよね。

 

ただ、スマホを水没故障から守るという点では

海辺や川辺、プールサイドなどの水の多い場所で

使うことはオススメできません。

 

もし使うときでも細心の注意は必要だと思います。

 

ゲリラ豪雨でポケットの中で水没

ここ2,3年で水没故障の原因で増えているのが、

突然の大雨「ゲリラ豪雨」による水没故障です。

 

iPhoneやスマホをポケット入れているときに

突然の大雨でびしょ濡れに…

 

スマホを入れていたポケットには水が溜まり、

そこにあったスマホも水浸しに…

 

まさかのポケットの中で水没してしまったのです。

 

突然の大雨だとどうしても防げないことも

あるかもしれませんが、

こんな「まさか」と思う様なことで

スマホが水没してしまうこともあります。

 

もし雨の中、出かける時には、濡らさない様に

できる限り注意したほうがいいかもしれませんね。

 

水没したiPhoneを修理するには

画面の割れ同様、水濡れや水没故障も

基本的には突然起こってしまいます。

 

ある程度、予防して減らすことはできても

完全に防ぐことはできないでしょう。

 

それでいざiPhone 8が水没したとき、

どのようにして修理するのが良いのでしょうか?

 

それはそのiPhoneのユーザーが何に重点を置くかで

その方法が変わってきます。

 

最後は、実際にiPhone 8を水没した時の

修理方法について、それぞれのメリットや注意点を

ご紹介していきます。

 

Apple、正規修理店での対応

iPhone 8に限らず、Apple製品については

1年間の製品保証があります。

 

またAppleCare+に加入している場合、

その期間は2年に延長されて、

対象のApple製品が損傷したときに

基本的には保証適用金額で修理交換ができます。

 

ただ、液体によって損傷した場合の

その修理はこういった保証の対象外になります。

 

もちろん交換修理ができないというわけではないので

通常の修理金額に修理や交換というのは受け付けています。

 

気をつけなければいけないことが、水没故障の場合、

iPhone 8本体ごとの交換になることです。

 

つまりiPhone 8に保存されているデータを

取り出すことはできないので、

バックアップをとっていないとデータを

諦めないといけないというわけです。

 

普段から頻繁にデータのバックアップを

取っているなら問題ありませんが、

あまりおられないと思います。

 

端末自体は極論、お金さえあれば

別のものでも購入することはできます。

 

ですが、本体内部のデータとなると

そうはいきませんよね?

 

そんな時は当店にお任せ下さい。

 

水没復旧修理もスマホスピタル和歌山にお任せください

当店のような正規修理店以外の

スマホ修理店の中には、

iPhone 8等が水没故障した時の復旧修理を

行っているところもあります。

 

これらの修理店では、本体ごとの交換ではなく

水没したiPhoneを直接復旧修理していきます。

 

復旧方法としては、本体内部の基板を取り出して

その洗浄と乾燥を行うことで、

データを残したまま復旧させることが出来るのです。

 

一度水没したものを修理するため、

完全にもとどおりに修理することはできません。

 

目的としては、

あくまでデータを取り出せるようにするために、

動作しなくなった本体を動くようにすることです。

 

もちろん復旧すれば元のように使うこともできますし、

そのまま使い続けることもできるかもしれませんが、

一時的な復旧になると思ってください。

 

それでもデータをそのままで復旧することができるのは

こういった修理店のメリットだと言えるでしょう。

 

もしiPhone 8を水没させてしまい、

大切な写真やアプリのデータを諦めたくない時は、

ぜひ当店までお問い合わせください。

 

ご連絡お待ちしております。

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル