iPhone(アイフォン)修理 和歌山

【必見】耐水仕様が最高ランクのiPhone Xsが水没する原因と、修理前に行うべき応急法とは iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

iPhone水没修理について

【必見】耐水仕様が最高ランクのiPhone Xsが水没する原因と、修理前に行うべき応急法とは

[2020.03.04] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:iPhone水没修理について

2018年に発売されたiPhone Xsは、

それまでのiPhoneよりも耐水性能が強化されました。

 

iPhone Xs以外の耐水仕様のiPhoneは、

防水防塵の指標であるIP規格が「IP67」等級でしたが、

iPhone Xsになり「IP68」等級に変更となりました。

(2018年12月現在)

 

まずは実際には何が変わったのか、

その仕様についてご紹介したいと思います。

 

【必見】耐水仕様が最高ランクのiPhone Xsが水没する原因と、修理前に行うべき応急法とは

 

iPhone Xsの耐水性能について

Appleの公式サイトでは、

iPhone Xsの耐水仕様について以下のように説明しています。

 

>iPhone XsとiPhone Xs MaxはIEC規格60529にもとづく

 IP68等級に適合しています。

>防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるもの

 ではなく、通常の使用によっても耐性が低下する可能性がある。

【Apple 公式サイト】参照

 

なんとなく分かったような分からないような、

説明内容ですよね。

 

説明内容を少し解説していきましょう。

 

IEC規格にもとづく【IP68】等級

iPhone XsはIEC規格にもとづく防水防塵の基準で

【IP68】の等級に適合しています。

 

【IP68】とは、

防水・防塵についての性能試験を行い、

その基準をクリアしたことを示しています。

 

【IP68】の数字部分はそれぞれ防水と防塵の

性能レベルを示しています。

 

一つ目の数字は防塵性能のランクを示しており、

6段階ある防塵性能の最高ランクで、

本体内部に粉塵が入らない構造とされています。

 

二つ目の数字は耐水性能のランクを示しており、

8段階ある耐水性能のこちらも最高ランクで

水深2メートルの水中に30分水没しても浸水しない

構造とされています。

 

つまり【IP68】等級というのは、

「内部に粉塵が入りこまず、30分以上の水没にも耐えられる」

構造になっていると言えます。

 

 耐水性能は永続的に機能するのか

Appleからの防水・防塵性能の説明の中で、

防沫性能・耐水性能・防塵性能については、

永続的に機能せず劣化してくることも明記しています。

 

防塵仕様・耐水仕様の構造は、

本体内部に粉塵や液体が入り込まないように

画面とフレームの繋ぎ目や各種パーツや

コネクターの繋ぎ目部分に、

パッキンの役目をするゴム性の粘着テープが

使用されています。

 

これらのテープは通常使用の環境によっても、

劣化してくるため、使い始め当初の耐水・防塵性能が

弱まってくるというわけです。

 

長年お使いの場合には、耐水性能も弱まっていると

考えた方が無難ですね。

 

iPhone Xsの水没の意外な原因

iPhone Xsの耐水・防塵性能は、

通常使用でも経年劣化してしまうことは、

Appleの説明でもありましが、

他にも水没してしまうことがあります。

 

いくつかご紹介していきましょう。

 

水質が「真水」以外は効果が薄い

IP規格の耐水試験は、

基本的に「真水」(水道水)で行われます。

 

つまり「真水」(水道水)以外の試験は

行われていないので、その他の水質だと

その耐性が保証されていないことになります。

 

日常生活の水回りでは、その水質が真水

であることは案外少ないです。

 

水没や水濡れしたときの状況で多いのは

キッチンや洗面所、トイレやお風呂、

海や川、プールなど、

どれも水質が真水ではなく洗剤や石鹸が

混じっていたり、塩素やミネラルが

含まれていたりと真水の水質とは

大きく異なっています。

 

ですので基本的にこういった水回りで、

iPhone Xsを使うことは控えてもらって、

使うときには十分に注意が必要ですね。

 

水温や水流の強さにも注意が必要

また水温や水流の強さにもよっても、

耐水性能が発揮されないことがあります。

 

IP規格の耐水試験は、

真水であると同時に「常温」で行われます。

 

そのため水温が高い場合、

その耐性が機能しない可能性が高く、

少しの水濡れでも水没故障してしまう

ことも少なくありません。

 

日常的にお風呂でiPhone Xを使って

動画や音楽を楽しんだり通話や通信を

利用している方も多いとおもいますが、

お風呂場で使う場合にも防水ケースを使うなど、

注意が必要になってきます。

 

iPhone Xsが水没した時の対処法

水濡れ・水没故障しないと思っていた

iPhone Xsが水没故障してしまったら

焦ってどうすれば良いか分からなくなりますよね。

 

気が動転して間違った対処をしてしまうかもしれません。

 

基本的にiPhoneやスマホが水没した場合、

なるべく早く修理店にお持ちいただいた方が

良いのですが、その前に「やっていただきたいこと」

逆に「やってはいけないこと」について、

ご紹介したいと思います。

 

できれば行うべき応急処置方法

iPhone Xsの本体が水濡れしたとき、

電源が入って起動している状態の場合は、

まず【電源を落とす】ことが重要です。

 

電源が入っている状態は電子基板にも

微弱に電流が流れている状態で、

動作することでさらに電圧の変化が起こり

基板が濡れた状態だとショートしてしまう

危険が非常に高いです。

 

基板がショートしてしまうと、

復旧するのはかなり難しくなってきます。

 

ですので、iPhone Xs本体が水濡れした場合は

動作を確認したい気持ちもわかりますが、

グッとこらえて電源を落とすことを

最優先に行ってください。

 

そうすることで復旧率はぐんと上がります。

 

「やってしまいがち」な「やってはいけないこと」

逆にやってしまいがちな事で、

実はやってはいけないこともあります。

 

水没・水濡れしてしまい気づくと

電源が落ちてしまっていると、

無意識に電源を入れてしまいがちですが、

内部が水濡れした本体に通電して

起動しようとする行為は濡れた基板が

電圧の変化でショートしてしまう危険があります。

 

さらに電源が入らないからといって、

充電ケーブルを繋げてしまうのもNGです。

 

iPhone Xsは電源が入っていなくても、

ドックコネクターにケーブルを繋げることで

通電してしまう構造になっています。

 

また充電ケーブルからの電流は、

かなり強いので通常以上の負荷がかかり

基板やコネクター部分へのダメージも

大きくなることがあります。

 

水没した本体の電源を入れたり、

充電することだけはしないようにご注意ください。

 

修理店の水没復旧修理について

もしお持ちのiPhone Xsが水没した時、

復旧させるためにはどうすればいいかのか。

 

それは【なるべく早く修理店で復旧作業を行う】ことです。

 

iPhone Xsはそもそも耐水・防塵仕様による密閉構造

ということもあり、「内部が非常に乾きにくい」

ものとなっています。

 

内部に水分が残った状態で放置しておくと、

基板やコネクターのショートや腐食の

原因となります。

 

そのためなるべく早く復旧作業を行うことが

復旧率を上げる一因になるので、

復旧作業は時間との勝負ともいえます。

 

データの取り出しが目的

水没したスマートフォンの復旧作業は

あくまでも【データを取り出すため】の

復旧作業となります。

 

データを取り出すために一時的にでも

本体を動作するようにして、

バックアップを取れるようにしたり、

アプリの引き継ぎを行えるようにすることを

目的としています。

 

一度水没した基板を完全に修理することは

残念ながらできません。

 

復旧しても全ての機能が使えるものでもなく

復旧後長期間使えるものでもありません。

 

もちろん長期間使えることもあるので、

使える間は普通に使っていただいて大丈夫ですが、

なるべく早くバックアップをとっていただき、

機種変更をご検討いただくことをおすすめします。

 

それでもiPhoneやスマホの水没復旧を

ご好評いただいているのは、

スマホの本体に大切な思い出や

情報を保存されている方が多いから

ではないでしょうか。

 

大切な写真や動画、各種データは

他には替えの効かないもののはずです。

 

正規修理店ではデータの取り出しは取り扱いなし

Appleの正規修理店では、水没等

液体による損傷は保証の対象外としており、

データの取り出し等の取り扱いもしていません。

 

水没した場合は、本体ごとの交換となり

高額な交換費用がかかります。

 

もちろん正常な本体なので、

問題なく使っていくことはできますが、

以前使っていた本体にあったデータは

諦めることになります。

 

内部データはバックアップもあり

消えても問題ない場合は、

本体の交換でもいいかもしれません。

 

ただ、そうでないことの方が

多いのではないでしょうか。

 

そんな時は、スマホスピタル和歌山店まで

お問い合わせください。

 

当店では、他の修理店よりも

水没故障の復旧率も比較的高いです。

 

他店で水没復旧作業をして

復旧しなかった本体でも、

復旧できた場合も少なくありません。

 

もしiPhone Xsが水没して

データ復旧をお考えの時は、

お気軽に当店までお問い合わせください。

 

ご連絡お待ちしております。

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル