iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お手頃価格のiPhone 11、高品質液晶ディスプレイに起こる不具合とは iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

お手頃価格のiPhone 11、高品質液晶ディスプレイに起こる不具合とは

[2020.02.23] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

2019年9月に発売された【iPhone 11】シリーズ。

 

ベーシックな性能と価格を抑えたiPhone 11、

コンパクトな本体に3つカメラのついたiPhone 11 Pro、

大型ディスプレイでPro仕様のiPhone 11 Pro Maxの

3モデルが同時に発売されました。

 

同じiPhone 11の名前が付いていますが、

構造の違いで大きく分けると【iPhone 11】と

【iPhone 11 Pro・Pro Max】の二つに

分けることができます。

 

基本的なスペックはほぼ同じのiPhone 11シリーズ

ですが大きな違いは、ディスプレイ構造の違いです。

 

今回は、iPhone 11のディスプレイ構造について、

ご紹介したいと思います。

 

お手頃価格のiPhone 11、高品質液晶ディスプレイに起こる不具合とは

 

iPhone 11のディスプレイ構造と特徴

現在発売されているiPhoneシリーズのディスプレイは、

最近のスマホでトレンドになっている【有機EL】と

従来から使われている【液晶】の二つのモデルがあります。

 

iPhone 11シリーズでも、

【有機EL】が使われているiPhone 11 Pro・Pro Max、

【液晶】が使われているiPhone 11があります。

 

まずは、iPhone 11のディスプレイについて

ご紹介していきます。

 

高いコスパの液晶ディスプレイ

iPhone 11シリーズで唯一「液晶ディスプレイ」が

使われているのが【iPhone 11】です。

 

「液晶ディスプレイ」の特徴は、

有機ELディスプレイに比べて時代遅れな

感じはありますが、液晶ディスプレイを

使うことで本体価格が抑えられていると

考えれば納得できます。

 

実際、「液晶ディスプレイ」と

「有機ELディスプレイ」を見比べても、

ものすごく違うかといわれれば、

そこまでの違いは感じられない方が多いと思います。

 

もちろん細かくみれば、

【有機EL】の方が色彩も鮮やかで省エネ、

バックライトも必要無いことから

薄型化できる等のメリットもありますので、

一概にどちらが優れているかは

個人の好みによるかと思います。

 

画面サイズは人気の6.1インチ

iPhone 11のディスプレイサイズは、

【6.1インチ】のワンサイズのみになっています。

 

iPhone 11 Proシリーズについては、

5.8インチのサイズと「Pro Max」の6.5インチの

2つのサイズがあるので、

自身の使い方や使いやすさで選ぶことができますが、

iPhone 11の場合はそうはいきません。

 

6.1インチの画面サイズは、

最近のスマホでは人気のサイズになりますが、

女性の方や片手で使いたい方にとっては、

少し大きくかさばる印象があります。

 

iPhoneを片手で操作したいなら、

5.8インチのiPhone 11 Proを

選ぶことになるかもしれませんが、

この機会に6.1インチのiPhone 11を

両手使いするのもいいかもしれませんね。

 

意外?!【3D Touch】から【Haptic Touch】に仕様変更

iPhone 11には、それまでのiPhoneに

採用されていた「3D Touch」に変わって

新しい触覚タッチ【Haptic Touch】が

採用されています。

 

3D Touchは、画面を少し押し込む操作をすることで、

サブメニューが表示される機能でしたが、

ディスプレイパーツにボタン押した反応を出すために

振動モーターを搭載する必要がパーツが高くなって

本体価格も高価になったり、

画面を強く押し込む動作が使いにくいという

声もあったりと賛否両論の機能ではありました。

 

【Haptic Touch】は画面を強く押し込むのではなく、

画面を長押しするだけで、3D Touchと同様の

機能が使えるようになったのが特徴です。

 

サブメニューについて、使いやすくなったHaptic Touchですが

3D Touchに対応したアプリが使えなくなったことは

少し残念な方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

iPhone 11の液晶画面特有の不具合

iPhone 11の画面の故障は、

画面ガラスのひび割れや傷等の

破損だけではありません。

 

画面ガラスが割れていなくても、

画面パーツが故障することで

様々な不具合が起こります。

 

 液晶の表示不良、有機ELとの違いとは

iPhone 11に使われている表示ディスプレイは

従来から採用されている「液晶ディスプレイ」です。

 

iPhone 11 Proシリーズに使われている

「有機ELディスプレイ」とは破損した時に

現れる症状が少し異なってきます。

 

液晶ディスプレイに現れる症状には、

・表示がブレたように乱れる

・液晶漏れが起こり一部がシミができたように黒くなる

・画面の一部または全部が表示不可になる

・画面表示の縦や横に変な線が入る

・表示が薄く白んで見える

・表示が暗くなる

などなど、様々な症状が現れます。

 

なかでも【液晶漏れ】の症状や

画面パーツのバックライトが故障した場合の、

【表示が暗くなる】症状は、

有機ELディスプレイには見られない、

液晶画面特有の不具合になります。

 

 画面タッチ操作の誤動作

画面の不具合は、何も画面表示だけではありません。

 

画面タッチ操作が反応しなくなることも画面故障の一つです。

 

iPhone 11の画面パーツは多層構造になっており、

画面タッチ操作を可能にする「タッチセンサー」も

そこに組み込まれています。

 

iPhone 11のタッチセンサーは、

ディスプレイガラスの下にある

【液晶表示パネル】の上に付いており、

静電気を感知してタッチ操作を可能にしています。

 

そのため画面ガラスが割れても100%タッチセンサーが

破損してしまうわけではありません。

 

画面の損傷が浅くタッチセンサーが破損していなければ、

ガラスが割れている箇所もタッチ操作が可能なことが

少なくありません。

 

ただそのまま放置しておくとガラスの損傷が

酷くなりタッチセンサーや液晶表示パネルに

故障が及んでしまうこともあるので、

破損した場合はなるべく早く修理することを

おすすめ致します。

 

iPhone 11のディスプレイ故障を改善する方法とは

新しいiPhone 11でも、

どんなに気をつけて使っていたとしても、

突然の事故で画面ガラスが割れてしまったり、

表示がおかしくなったり、

タッチ操作がおかしくなったりすることも

あると思います。

 

いざ使い慣れたiPhoneが破損や故障したとき、

どうすればいいのかわからなくなりますよね。

 

最後はiPhone 11の画面が故障した時の

対処法についてご紹介したいと思います。

 

 一時的な表示エラーは再起動で改善

iPhone 11の画面ガラスや本体に

目立った破損が見当たらず、

特に落としたりぶつけたりした心当たりがなければ

一時的な動作不良であることがほとんどです。

 

そして一時的な動作不良は、

本体の再起動で改善することもほとんどです。

 

iPhoneシリーズの再起動は基本的には、

電源の入れ直しをすることでできますが、

画面操作ができないなど、

普通の操作で再起動できないこともあります。

 

そんな時は【強制再起動】を行うことで

対応することができます。

 

強制再起動の方法は、iPhoneのモデルによって異なりますが、

iPhone 11の再起動方法についてご紹介しますので

お試しください。

 

【iPhone 11 強制再起動方法】

①【音量上げボタン】を押してすぐに離す

②【音量下げボタン】を押してすぐに離す

③本体右側の【サイドボタン】(スリープボタン)を押す、

 Appleのロゴ(りんごマーク)が表示されるまで長押し

 

iPhone 11がフリーズして操作が一切できなくなった場合は、

この【強制再起動】を試してみてください。

 

 画面パーツの故障は修理店へ

もし通常の再起動や強制再起動しても

画面のエラーや不具合が改善されないときは、

画面パーツが破損・故障している可能性が高いです。

 

そうなると物理的に本体を修理するか

本体の交換あるいは機種変更を

しなければ改善しないでしょう。

 

iPhone 11において画面が故障した場合、

ほとんどが画面パーツを交換することで

改善することができますので、

わざわざ金額の高い機種変更をしたり

本体まるごとを交換したりする必要はありません。

 

iPhone 11の画面のみを修理する場合には、

・Appleの正規修理店を利用する

・Apple以外の一般修理店を利用する

といった方法がありますが、

最近では【一般修理店】を利用される方が

増加傾向にあります。

 

一般修理店のメリットは手軽に修理できることです。

 

Appleでの修理の場合、基本的には予約が必要で

時期によっては自分の都合に合わせて

予約をとることも難しい場合があり、

なかなか修理にいけない方も多いということです。

 

また修理の際は、基本的には事前にデータの

バックアップが必要なため、

修理に出すにも面倒作業が多くなります。

 

その点、一般修理店では基本的にデータは

そのまま修理を行いますので、

事前のバックアップがなくても、

修理後のデータの復元も必要なく、

そのお手間もほとんどありませんし、

修理受付の即日受けてくれることがほとんどです。

 

スマホスピタル和歌山店も、そんな一般修理店の一つです。

 

【総務省登録修理業者】のため、安心してご利用いただけます。

 

もしお持ちのiPhone 11の画面故障で

お困りの時はお気軽にお問い合わせください。

 

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル