iPhone(アイフォン)修理 和歌山

【要注意!】画面ガラスが割れたiPhone 8をそのまま使い続けるリスクとは iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

【要注意!】画面ガラスが割れたiPhone 8をそのまま使い続けるリスクとは

[2019.11.21] スマホスピタル和歌山

カテゴリー:iPhone/iPadガラス・液晶交換について

iPhone 8は発売されてから2年以上経って、

今あるiPhoneシリーズの中では修理の

問い合わせが最も多い機種になります。

 

そして故障の種類で最も多いのが

【画面割れ】【画面破損】等の

画面ガラスに関する故障になります。

 

【画面割れ】や【画面破損】については

iPhone 8に限らず、多くのスマートフォンで

修理問い合わせの多い故障になります。

 

そんなスマートフォンの【画面割れ】【画面破損】

ですが、街中では画面が割れたまま、破損したままの

状態で使用されている方も、たまに見かけます。

 

今回ご紹介するのは、iPhoneの画面が割れてしまったのに

そのまま使い続けてしまった場合のリスクについて

ご紹介します。

 

iPhone 8を画面割れでも使ってしまう理由とは

iPhone 8に限らず、最近ではたくさんの人が

iPhone等のスマートフォンを使われていますが、

そんな中、街中で周りを見たとき、ごくたまにですが

画面ガラスが割れた状態のiPhoneを、

そのままお使いの方を見かけることがあります。

 

これは、こんな理由から使い続けていることが多いです。

 

画面ガラスが割れたままでも使える仕組み

では、どうして画面が割れたままでも使うことができるのか。

 

もちろんこの仕組みはメリットでもあり、

突然のガラス割れになっても使えなくなる

ことを防いでいることにもなります。

 

ですが使えてしまうことで故障について、

急いで修理しないといけないという意識が

薄くなってしまうのはあまり良くありません。

 

そもそもなぜiPhone 8の画面は割れても使えるのか、

それはiPhone 8の画面の構造にあります。

 

多くのiPhoneの画面の構造は、大きく分けると

①ディスプレイガラス

②OCA(光学粘着シート)

③液晶&タッチセンサーパネル

の3層構造になっています。

 

そして注目したいのが③になりますが、

タッチセンサーがガラス側ではなく液晶側に

付いているところです。

 

そのためディスプレイガラスが

どんなに酷くひび割れたとしても、

OCAの下にあるタッチセンサーが破損

していなければタッチ操作もできるというわけです。

 

ひと昔前のAndroidスマートフォンに多い、

ガラス側にタッチセンサーが付いている場合、

画面ガラスに軽いひびが入るだけでも

タッチセンサーが破損してしまい

操作ができなくなることが多いですが、

iPhone 8はそれが少ないモデルと言えるでしょう。

 

修理するときの予約やバックアップが面倒

よくある理由としては、

修理取扱店に修理に出す手続きが面倒だから、

なんとなく後回しにされていることもあるでしょう。

 

iPhoneを修理に出す場合、一般的にはAppleの

正規修理店で修理することをお考えになると思いますが、

やることが多く確かに面倒ではあります。

 

ひとつは基本的には「予約制」であること。

 

正規修理店では、iPhoneユーザーが多いこともあり、

あらかじめ予約をしておかないと当日修理してもらえない

ことがほとんどです。

 

また予約するにしても土日などは混雑していることが多く

すでに予約でいっぱいで、なかなか都合の良い日時に

予約が取れないことも少なくありません。

 

そうなると修理が後回しになってしまうことも

仕方がないのかもしれません。

 

ただ面倒なことでも必要に差し迫ったことなら、

後回ししたりはしないでしょう。

 

そもそもiPhoneが操作できないなど使えなくなったら、

すぐにでも修理したいと思われる方もいると思います。

 

そうしないのは、iPhoneが画面割れの状態でも

とりあえず使えてしまうことがあると思います。

 

ガラスが割れていても使えるのなら、

「このままでもいいか」と諦めて、

とりあえずそのまま使い続けてしまいますよね。

 

画面が割れても使えるiPhoneだけにリスクもある

画面ガラスが割れても使えるiPhone 8ですが、

すぐに使えなくなるよりは不便はないので、

助かることもあると思います。

 

ただ使えるからといって修理せずに、

そのまま使い続けることはあまりおすすめできません。

 

次は、画面ガラスが割れたままのiPhone 8を

使い続けた場合のリスクについてご紹介します。

 

手や指の怪我の原因にもなるので危険です

手に持って指先でタッチ操作を行うiPhoneなので、

ひび割れた画面ガラスをタッチ操作することは、

単純に割れたガラスを持って、割れたガラス片を

指で触れているのと同じでとても危険です。

 

割れたガラスの破片を素手で触ることは

普通はしませんよね。

 

また割れたiPhoneをポケットやカバンに

入れることもとても危険です。

 

手や指の怪我だけでなく、カバンに入っている

他のものを傷つけてしまったり、

ポケットやカバン自体を傷つけてしまことにも

繋がってしまいます。

 

応急処置的に割れた画面の上から保護フィルムを

貼ると怪我や破損を少しは防げるかもしれませんが、

なるべく早く修理することをおすすめします。

 

ガラス割れを放置することで拡がる二次的な故障

また、画面のひび割れを放置することで、

iPhone 8の本体自体の故障が重くなることもあります。

 

ひび割れた部分はパネルの強度も落ちているため、

破損箇所を繰り返しタッチすることで、

パネルに圧力がかかり、

ガラス割れが大きくなることもあります。

 

ガラス割れが大きくなると、別の故障につながることもあります。

 

一番影響を受けるのが、画面ガラスのすぐ下にある

液晶パネルとタッチセンサーの部分です。

 

画面割れにより通常かからない負荷が液晶パネルにかかり、

液晶とタッチセンサーも破損してしまうと、

液晶が表示不良なったり、画面が真っ暗になったり、

タッチ操作ができなくなってしまうこともあります。

 

こうなると、普通に使えなくなるばかりか、

重度故障となり、修理代金も高くなってしまいます。

 

また、画面パーツの故障だけで済めばいいですが、

ガラスの破片が内部基盤を傷つけてしまうと、

保存データの破損や起動不具合を引き起こして

電源が入らなくなってしまったり、

最悪修理不可にもなってしまう危険もあります。

 

他にも割れている部分は、本体内部に異物が侵入しやすく

なっているため、湿気等によって水濡れ故障になってしまう

可能性もあります。

 

この場合も最悪、完全に使えなくなってしまう

ことになりますので、

やはり破損した場合は早めの修理をおすすめします。

 

iPhone 8の画面修理はどうれすばできるのか

それでは、ひび割れたiPhone 8の修理をするなら

どのような方法があるのでしょうか。

 

最後に修理方法について、いくつかご紹介したいと思います。

 

正規修理店のメリット・デメリット

画面割れに限らず、iPhone 8の破損や故障で

修理を考えるなら、一番に思いつくのは、

【Appleストア】や【Apple正規修理店】

ではないでしょうか。

 

iPhone 8を製造・販売しているApple直営の

【Appleストア】や【Apple正規修理店】なら

メーカー保証や通信キャリア保証も適用され、

純正のパーツで修理も取り扱っているので、

通常の修理をお考えなら一番適していると思います。

 

ですが、そんな正規修理店の修理でも、

デメリットがないわけではありません。

 

一つは、先にもご紹介したように修理の為の手続きが

かなり面倒なとことです。

 

修理受付には予約が必要なことが多く、

その予約も思うように取れないことがあるので、

忙しい方だとなかなか修理で出せない場合もあります。

 

そして、一番のデメリットとも言えるのが

「データの初期化」についてです。

 

正規修理店での修理の際は、本体内部のデータ

については特にフォロー等はありません。

 

そして修理前には基本的にデータの初期化を

求められるの、事前のバックアップと、

修理後にはデータの復元をしないといけません。

 

これがまた、かなり厄介です。

 

データのバックアップと復元の作業もそうですが、

画面の故障で操作ができない場合は

バックアップできないので、最新のデータを

諦めないといけなくなることもあるからです。

 

仕方がない場合もありますが、

諦めないで済むなら、その方がいいですよね。

 

気軽に修理をお考えなら街の修理店もおすすめです

もしバックアップができない状態で、

iPhone内部のデータを諦めずに修理をお考えなら、

正規修理店以外のいわゆる「街の修理店」もおすすめです。

 

正規修理店以外は【第三者修理店】と呼ばれており、

ほとんど場合、パーツ交換で修理を行っているので、

データを残したままで修理対応しています。

 

ですので事前のバックアップがなくても、

修理後はそのままのデータを復元することなく

お使いいただけるのです。

 

当店、スマホスピタル和歌山店も、そんな街の修理店の一つです。

 

もし、お持ちのiPhone 8の破損や故障で

お困りの時はお気軽にご相談ください。

 

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル