iPhone(アイフォン)修理 和歌山

和歌山でiPhone 8のバッテリー交換修理するなら、安全なバッテリーと修理技術のスマホスピタル和歌山店にお任せください iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

和歌山でiPhone 8のバッテリー交換修理するなら、安全なバッテリーと修理技術のスマホスピタル和歌山店にお任せください

[2021.06.26] スマホスピタル和歌山

1日に何度も充電が必要なくらい

iPhoneの充電持ちが悪いのに、

そのまま使い続けていませんか?

 

バッテリーは一度劣化すると回復せず、

悪化の一途を辿っていくのみです。

 

iPhone 8は発売されてから約4年、

発売当初に購入された方は

そろそろバッテリー交換をしておかなければ

電源が入らなくなり使えなくなるかもしれません。

 

iPhoneにとって、利用者にとって、

最善のバッテリー交換の方法を選択して

快適により長くiPhone 8を使用しましょう!

 

iPhoneのバッテリーの寿命とは

iPhoneに使用されている

リチウムイオンバッテリーは

必ず劣化していくものなので、

劣化したら新しいバッテリーに

交換する必要があります。

 

よく「バッテリーの寿命」と言われますが、

明確に「ぴったり2年」のように

決まっているわけではありません。

 

何を基準に劣化とし、

何を基準にバッテリー交換が必要と

判断しているのでしょうか。

 

Appleが公表しているバッテリーの劣化目安

Appleのバッテリーに関する詳細のページにて、

「フル充電サイクルを500回繰り返したとき、

 本来のバッテリー最大容量の80%を維持する」ように

バッテリーが設計されていると明言しています。

 

1日1回iPhoneの充電をすると考えて

500回→500日=1.36…年と計算し、

毎日バッテリー残量が0%まで使い込まないことと

購入当初は数日に1回の充電で足りていたと想定し、

約1年半〜2年くらいがバッテリーの寿命だと

言われています。

 

人によって劣化の進行速度は異なる

人によってiPhoneを使用する

時間や方法は全く違います。

 

電話やメールだけを使用する方と、

何時間も動画を視聴したり

ゲームをする方とでは

充電頻度も異なるでしょう。

 

そのため、バッテリーの劣化具合も

人によってバラバラなので、

必ずしも交換時は一緒とは言えません。

 

バッテリーによっても劣化の進行速度は異なる

基本的には起こるべきではないことですが、

バッテリー個々によっても

劣化の進行速度は異なります。

 

それほど数もないトラブル例ですが、

購入した新しいiPhoneが1ヶ月も経っていないのに

電源が入らなくなってしまったという

お客様がいらっしゃいました。

 

特に損傷等がなければ

すぐにメーカーにて修理をしてもらえますが、

これはバッテリーの初期不良が

時間が経ってから表面化したトラブルです。

 

このようなトラブルは事例も少なく

想定されていなかった初期不良なので

滅多と起こることはありませんので

ご安心くださいませ。

 

もし初期不良が生じた場合は、

Appleは製品保証期間を1年間設けているので

Apple直営店や正規修理店・コールセンターに

問い合わせるとすぐに対応してもらえます。

 

AppleCare+という有償保証に加入していたり

携帯キャリア独自の保証に加入している場合は

この保証期間が1年以上有効になることもあります。

 

バッテリーの劣化具合を示す数値「最大容量」

バッテリーの劣化具合は、体感だけでなく

明確に数値で誰でも確認することができます。

 

設定>バッテリー>バッテリーの状態

と進むと表示されている「最大容量」がその数値です。

 

新品の状態だと100%で

使用し続けるとどんどん数値が減っていき、

Appleが提示する目安の80%を下回る、もしくは

バッテリーが劣化している文言が表示されれば

Apple直営店・正規修理店でも

バッテリー交換をしてもらうことができます。

 

実はこの「最大容量」の表示は

数年前に搭載されはじめたばかりの新しい機能で、

iPhone利用者の声が反映した形となります。

 

きっかけは、iPhone利用者から

かなり大きな反発の声があったためです。

 

要約すると、iPhoneのバッテリーが劣化すると

負荷がかかりやすく突然シャットダウンしてしまうため、

意図的にiPhoneのパフォーマンスを調整して

デバイスにかかる負荷を軽減することで

iPhoneが突然シャットダウンすることを防ぐ

という機能がiPhoneに導入されたのですが、

これがサイレントで行われていたことに

利用者が不満を呈し、

世界的に大きな問題となりました。

 

改良のために行ったことなので

決して悪いことだとは言い切れないのですが、

実際にバッテリーを交換すれば

パフォーマンスが回復することから、

 

2018年に世界的にiPhoneの

バッテリー無料交換キャンペーンが

始まったのです。

 

同時はまだiPhone 8が発売されてすぐだったので

無料でバッテリー交換したという方は

ほとんどいないと思いますが、

もしかしたらご家族様がご利用された方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

バッテリーが劣化すると起こる症状例

バッテリーは一度劣化すると

回復することはありません。

 

劣化したバッテリーのまま使い続けると、

どんどん症状が悪化し

最悪はiPhoneの電源が入らなくなります。

 

そうなってからでは遅いので、

バッテリー劣化によって起こる

症状をご紹介します。

 

お手元のiPhoneの直近数日の状況と

照らし合わせてみてください。

 

バッテリーの減りが早い

動画を見たりゲームを長時間する方であれば、

半年ほどでバッテリーの減りの早さが

気になるかもしれません。

 

バッテリーは消耗品なので、

どんどん充電が必要になるまでの時間が

短くなるのはやむをえません。

 

設定を見直すことで

無駄に消耗していた分が解消され

少し持ちが良くなる可能性がありますが、

一時的なものなので長持ちは望めないでしょう。

 

充電速度が早い

バッテリーの劣化が進むと

最大容量が小さくなるため、

充電速度が変わらなければ

必然的に満充電になるまでの時間が

短くなります。

 

バッテリーが劣化していると、

満充電になるのはすぐなのに

バッテリーが減るのも早いため、

1日に何度も充電が必要になります。

 

1日に何度も充電をするようになったら、

バッテリーの交換をしておくと

iPhoneへの悪影響も少なく安心でしょう。

 

iOS13のアップデート以降、

新しく「最適化されてバッテリー充電」という機能が

iPhoneに搭載されました。

 

毎日iPhoneを何時くらいに良く使用しているか、

を学習して、充電速度を調整することで

過充電等によってバッテリーが劣化するのを

抑える役割があります。

 

この機能が搭載された時は

バッテリー充電がやけに時間がかかる、

と不思議に思われた方も多いかと思います。

 

iPhoneはただバッテリーを消費するだけでなく、

バッテリーの劣化を抑えるための機能や対策を

都度提供してくれていますので、

ソフトウェアのアップデートを放置せず

なるべく更新しましょうね。

 

バッテリー残量があるのに電源が落ちる

バッテリーが30%ほど残っているのに

使用中にシャットダウンして

充電を促す画面表示に切り替わる症状が起きたら、

すぐにでもバッテリー交換をお勧めします。

 

バッテリー残量があるとは言え、

使用し続けるだけの力は残っていない状態なので

かなりバッテリーの劣化が進行しています。

 

充電しながらであれば使用できるからといって

そのままに使用し続けると、

突然iPhoneは文鎮化してしまいます。

 

電源が入らない・起動しない

いわゆる文鎮化、と言われる状態です。

 

電源が入らなくなると

iPhoneは意味を為しません。

 

電源ボタンを押すと

バッテリーマークが表示されるものの

何時間充電しても起動しない場合は

バッテリーが起動できないほど

劣化していますので、

すぐバッテリー交換を行いましょう。

 

充電ができない原因は、

バッテリーだけでなく

充電口(ドックコネクタ)の故障の

可能性もありますので、検証なしに

バッテリーだけが原因だと判断すると

無駄な修理をすることとなります。

 

自分で修理するのではなく

必ず修理店に修理を依頼しましょう。

 

バッテリーが膨張し画面が浮き上がっている

バッテリーが劣化することで

バッテリー内で化学反応が起こり

ガスが発生することで

バッテリーの膨張が起こります。

 

リチウムイオンバッテリーは

どうしても膨張が起こりやすいため、

バッテリーを外側のフィルムは

ガスが漏れ出ないように柔軟性のある

皮膜を使用しています。

 

膨張の具合によっては、

iPhoneの画面を中から押し上げて

画面が大きく湾曲することがあります。

 

それによって、

タッチ操作の反応が悪くなったり

液晶を押さえつけて変色したり、

ひどいときにはガラスを割ることもあります。

 

そして、膨張したバッテリーの中には

有毒で発火性のあるガスが溜まっている状態のため、

衝撃や傷により皮膜が破れてガスが漏れ出ると

異臭がしたり発煙・発火に繋がり

ひどいときには周りのものを

燃やしてしまうこともあります。

 

外国では、バッテリー膨張が原因で

家が全焼してしまった、

とニュースにもなっていました。

 

バッテリー膨張は起こりやすいのに

大変危険な状態なので、一刻も早く修理店で

バッテリー交換をしてもらいましょう。

 

バッテリー交換修理を依頼する上で大事なこと

iPhoneの修理の依頼先は

大きく分けて二つあります。

 

Apple直営店や正規サービスプロバイダの

メーカー正規の修理店と、

メーカー正規ではない非正規修理店です。

 

中には、三つ目の選択肢として

自分で修理を考える方もいるでしょう。

 

最近では、iPhoneの修理方法が

ネット上で簡単に見ることができたり

修理用交換パーツが簡単に

手に入れることができます。

 

しかし、修理は技術が必要です。

 

修理経験がない人が修理をして、

1度はうまく行っても

2度目はうまくいかないことも

多々あるでしょう。

 

iPhoneは精密機器ですし、

大事なデータもたくさん保存されています。

 

修理に慣れていない人が修理をするのは

・修理箇所とは別の場所を故障させてしまう

・iPhoneを一切使えない状態に故障させてしまう

・大事なデータを取り出せなくしてしまう

リスクがあるのでお勧めできません。

 

修理のスペシャリストに依頼をして、

iPhoneを安全に長く使い続けましょう。

 

メーカー正規修理店だけが選択肢ではない

先述のとおり、非正規修理店に

修理を依頼する選択肢もあります。

 

Appleは保証もしっかりしているので

正規店のサービスは悪くはないのですが、

「バッテリーの持ちが悪いから

 バッテリーを交換して欲しい」と要望するだけでは

バッテリー交換をしてもらうことができません。

 

冒頭の最大容量の説明の際に、

「Appleが提示する目安の80%を下回ると、

 Apple直営店・正規修理店で

 バッテリー交換をしてもらうことができます。」

と説明をしましたが、逆を言えば、

どれだけバッテリーの劣化が進んで

不便な状態であっても、最大容量が80%以上で

その他検査項目でも問題がなければ、

バッテリー交換をしてもらうことができません。

 

また、正規修理店の場合、

バッテリー交換修理であっても

データを消去される可能性があるので、

事前にデータのバックアップを取っておかなければ

データがまっさらな状態から

使い始めることになる可能性があります。

 

また、修理を依頼するには

事前に予約が必要なのですが、

正規修理店は混み合うので

即日で予約が取れることは滅多とありませんし、

1週間以上前でなければ予約できないこともあります。

 

・データそのままで修理したい

・希望の日時で予約を取りたい

という点を満たすことができるのが、

街のスマホ修理店(非正規修理店)です。

 

PSEマーク付きのバッテリーを使用する修理店を選ぶべし

非正規のスマホ修理店は

全国に何千店舗にも及びますので、

どこを選べば良いかわからない

という方も多いでしょう。

 

中には、非正規修理店の安全性に

不安を抱く方もいると思います。

 

そこで参考にしていただきたいのが、

修理用交換バッテリーに「PSEマーク」が

ついていることです。

 

PSEマークとは電気用品安全法を

満たしているものの証明で、

安全性が確認されているということです。

 

PSEマークがないものは

この証明がされていない上、

現在はPSEマークのないものは

製造・輸入・販売を許可されていないので

違法と言うことになります。

 

非正規修理店の中でも【総務省登録修理業者】を

利用すれば、PSEマーク付きのバッテリー使用を

義務付けられているので安心ですよ。

 

スマホスピタル和歌山店にお任せください

スマホスピタル和歌山店は

【総務省登録修理業者】であり、

当店で使用する交換バッテリーは

全て新品でPSEマークが付いていますので

ご安心くださいませ!

 

iPhone 8のバッテリー交換であれば

当日の修理依頼にも柔軟に対応可能!

 

もちろんデータそのまま残した状態で、

最短30分〜でお返しできます。

 

当店はJR和歌山駅から徒歩3分、

提携パーキングがあるので

お車での来店も可能です。

 

また、遠方等で来店が難しい方には

配送での修理依頼にも対応しております。

 

iPhone・iPadだけでなく、

Androidスマホ・タブレットやゲーム機の

修理にも対応しておりますので、

お困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル