iPhone(アイフォン)修理 和歌山

【発煙・発火の危険!】iPhone 8のバッテリーが膨張するメカニズムと対応策 iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

【発煙・発火の危険!】iPhone 8のバッテリーが膨張するメカニズムと対応策

[2020.05.21] スマホスピタル和歌山

「あれ?iPhoneがなんか分厚くなった?」

「ディスプレイが浮いている!」

 

そんな経験ございますでしょうか?

 

滅多と無い症状ではありますが、

どのiPhoneでも起こりうる可能性のある

危険なトラブル、「バッテリーの膨張」です。

 

iPhone 8は販売が開始してから2年半経過し、

「バッテリーの膨張」のリスクが高くなってきた

モデルの一つです。

 

なぜ、2年以上経過するとリスクが高くなるのか、

「バッテリーの膨張」が危険なのか、

「バッテリーの膨張」が起きてしまった時は

どのように対応をすれば良いのか、

ご紹介いたします。

 

リチウムイオンバッテリーとは?

リチウムイオンバッテリーは

繰り返し充電して使用できる電池です。

 

コンパクトで軽量なのに馬力があるので、

さまざまな機器に採用されています。

 

まずはリチウムイオンバッテリーの

仕組みについて説明します。

 

リチウムイオンバッテリーの構造

リチウムイオンバッテリーは

使い切りの電池(一次電池)とは異なり、

何度も繰り返し使用することができる

二次電池と呼ばれる電池の一種です。

 

正極と負極の間をリチウムイオンが

移動することで、充電・放電をします。  

 

使われている製品

リチウムイオンバッテリーが使用されている製品は

身近なものであれば、

スマートフォンやタブレット、パソコン、

ハンディカメラなどがあります。

 

その他にも、電動自転車や電動工具にも使用されており、

大きなものであれば車やロボットの電源としても

使用されています。

 

あまり聴き慣れない名前ではありますが、

意外にも生活には馴染みのある電池ということですね。

 

iPhone 8におけるリチウムイオンバッテリー

バッテリーの性能

リチウムイオンバッテリーは小型でも

十分な性能を発揮します。

 

iPhone 8に使用されるバッテリーは

薄いiPhoneに搭載されているだけあって

かなり薄型・軽量でコンパクトなバッテリーです。

 

バッテリーの寿命

Apple公式サイトには、

充電サイクルが500回で

バッテリーの最大容量80%を保つ

構造であると記載があります。

 

※バッテリーの最大容量とは

 設定>バッテリー>バッテリーの状態>最大容量

 にて確認をすることができます。

 

1日1回充電すると考えると

おおよそ1年半〜2年程度のため、

約2年程度で交換時期が来ると言われています。

 

ここでの「充電1回」とは、

ケーブルを差し込んだ回数ではなく

100%を使い切って100%充電したら一回、

と計算します。

 

こまめに充電をすることが

悪いということではありません。

 

バッテリーの劣化を進めてしまう誤った使い方

・充電をしながら使用

本来、充電・放電の片方ずつ行うもののため、

同時に充電・放電をしてしまうと負荷がかかります。

 

・過充電/過放電

100%になっているのに充電したまま、

0%になり電源が落ちたまま放置、というのも

バッテリーにとってよくありません。

 

こまめに充電をして20−80%を保つのが

バッテリーに優しい使い方です。

 

・極端に暑い・寒い環境での使用

バッテリー使用時は、

推奨する適性温度0~35度内でなければ

最大限の能力を発揮することができず、

バッテリーにも悪影響です。

 

暖房器具のそばで使用したり、

真夏の車内に放置してしまうと

最高50度にも達するので注意しましょう。

 

・iPhoneが熱いから無理やり冷やす

保冷剤を巻き付けたり冷蔵庫に入れる等して

iPhoneの温度を下げようとする方が

時折いらっしゃいますが、

上記の通り、極度の高温低温はバッテリーだけでなく

iPhone本体にもダメージを与えます。

 

・正規やメーカー認定の充電器以外で充電

メーカー品やメーカーが認定した充電器には

iPhoneに適した充電ができるように

電力電圧の制御がされています。

 

認定されていない充電器には

このような性能が無いものが多いため、

iPhoneを故障させてしまうことがあります。

 

バッテリーの膨張とは

では、実際にバッテリーの膨張とは

どのようなメカニズムで発生するのか説明します。

 

バッテリーが膨張するメカニズム

バッテリーが膨張するのは、

バッテリーに何らかの不具合が生じた時です。

 

・初期不良

・水濡れや衝撃

(落下や充電時の電力が適しなかった等)

・極端に劣化している

・違法な粗悪品バッテリー

(非正規修理店でバッテリー交換した等)

等が要因で、バッテリーパック内で

ガスが発生してパンパンに膨らみます。

 

リチウムイオンバッテリーは

初期不良や破損していなくても

劣化が進むと膨張する可能性があるもののため、

すべてのiPhoneにバッテリーが膨張してしまう

可能性が潜んでいるということです。

 

バッテリーの膨張に伴い生じるトラブル

・バッテリーの持ちが悪い

・バッテリー残量があるのに電源が落ちてしまう

・充電したらすぐ100%になる

・バッテリの減りが早いのに

 バッテリー容量が100%の表示

・起動できずリンゴループ、等

 

バッテリーの膨張がiPhone自体に与える影響

・ディスプレイが浮いている

・ディスプレイが割れる

・表示不良(左反面青みがかっている等)

・タッチが効かない・ゴーストタッチ

・本体やホームボタンが熱くなる、等

 

バッテリーが膨張したときの危険性

バッテリーはどれでも

膨張してしまう可能性があるため、

もし膨張してしまっても

簡単にガスが漏れないように

しっかりと密封されています。

 

しかし、なんらかの衝撃や高温な環境により

その皮膜が破れて異臭や発煙・発火の恐れがあります。

 

画面の浮きを直そうとして無理やり画面を押すと

バッテリーの皮膜が破れて

爆発するかもしれないので、

無理やり画面を押し込んだりはしてはいけません!

 

バッテリーが膨張したら

そのままに放置したり、そのままで捨てるのは

火災に繋がる可能性があり大変危険です!

 

バッテリーが膨張していることに気付いたら、

電源を落として、充電もしてはいけません。

 

膨張したバッテリーに

それ以上の負荷をかけないようにしてください。

 

そして、修理店にて修理を依頼するか、

携帯ショップで機種変更をして

バッテリー膨張したiPhoneはしかるべき方法で

処分してもらう必要があります。

 

処分を依頼するのは

携帯ショップや修理店に依頼をすれば

適切な処理をしてもらうことができるでしょう。

 

iPhone 8を使い続けるためには

機種変更をせず、iPhone 8を使い続けたい!

膨張したバッテリーをそのままにするのはダメ!

どうすれば?なにをすればいいの?

 

という方に、

バッテリーが膨張した時に対応をしてくれる

依頼先をご紹介します。

 

メーカーに依頼をする

まずは一般的な修理の依頼先、

Appleの直営店・正規修理店に依頼する方法です。

 

ネットもしくはコールセンターにて予約を取って

予約した日時に店舗にいくことで対応してもらえます。

 

予約がなければ対応できないと断られる、

もしくは長時間待たされる可能性がありますので、

事前予約は必須です。

 

メーカーに修理を依頼すると、

バッテリー膨張の症状の場合は

iPhone 8本体交換をする必要があります。

 

ディスプレイなど他のパーツに損傷が影響がなく

バッテリーだけが膨張している場合でも

iPhone本体を丸々交換されます。

 

そのため、データのバックアップを事前に取って

来店する必要がありますし、

場合によってはキャッシュレス決済の

引継ぎなど必要な準備が多くあります。

 

来店が難しい場合には

コールセンターにて配送での修理も

手配してもらうことができます。

 

街のスマホ修理屋さん

次は、非正規のスマホ修理店に依頼する方法です。

 

非正規の修理店は本体交換は行っておらず、

故障したパーツのみの交換修理となります。

 

そのため、データを消すことなく

膨張したバッテリーのみ新しいものに

交換して使い続けることができます。

 

また、もしディスプレイ等に

損傷・影響があった場合にも

同時に修理することもできます。

 

しかし、「バッテリーが膨張するメカニズム」

の項にも記載した通り、

非正規修理店のほんの一部ですが

違法なバッテリーを使用していることがあります。

 

iPhoneのバッテリーには、

電気用品安全法という法律に

適合しているものでなければいけません。

 

適合しているバッテリーには「PSEマーク」

というマークが印字されています。

 

違法なバッテリーとはこの法律に適合しておらず、

安価で手に入り、品質が悪い所謂粗悪品です。

 

しかし、違法のバッテリーを使用しているかを

確認をすることは難しく、

修理が終わって手元に帰ってきた時は

閉じられている状態のため

どのようなバッテリーが使用されているか

わかりません。

 

そこで、修理店選びの参考にしていただきたいのが、

依頼をするスマホ修理店が

【総務省登録修理業者】であることです!

 

総務省登録修理業者のスマホスピタル和歌山店にお任せ!

【総務省登録修理業者】とは、

国が安心安全の修理を受けられると認めた修理店

である証明です。

 

使用する修理パーツの入荷先や

修理技術・実績についても

基準を満たしている必要があります。

 

そのため、電気用品安全法を満たした

「PSEマーク」のついたバッテリーしか

使用していないため、安全なのです!

 

その他は同じくパーツ交換のみのため

データそのままでお返しするので、

事前のバックアップ作成や

修理後にデータを戻す作業も必要ありません。

 

もちろん、ディスプレイ等他のパーツの

損傷があった場合にも同時に修理をすることが

できるので、面倒な手間もなく

負担も少なく済みます!

 

お困りのことがございましたら

お気軽にご相談くださいませ。

お客様にとって最適な方法をご提案いたします!

 

ご連絡お待ちしております。

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル