iPhone(アイフォン)修理 和歌山

画面が真っ暗で動かない!文鎮化したiPhone Xを復活させる方法 iPhone(アイフォン)修理 和歌山なら和歌山駅近のスマホスピタル和歌山にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

iPhoneお役立ち情報

画面が真っ暗で動かない!文鎮化したiPhone Xを復活させる方法

[2020.04.16] スマホスピタル和歌山

「iPhone Xの画面トラブル」というと

「ディスプレイが割れた」状態と考える方が

多いかと思いますが、

実は他のトラブルのお問合せも多くあります。

 

それは、

「画面が真っ暗になって

 何も映らなくなってしまった」

というトラブルです。 

  

今回は、iPhone Xの画面故障により生じる

「画面が真っ暗」なトラブルについて紹介します。

 

iPhone Xの有機ELディスプレイとは

iPhone XはこれまでのiPhoneから進化し、

液晶ディスプレイ(LCD)が

有機ELディスプレイ(OLED)になりました。

 

まずは、それぞれのディスプレイの

特徴と違いを説明します。

 

液晶と有機ELの違い

同時期に発売が開始されたiPhone 8と比較します。

 

画面が真っ暗で動かない!文鎮化したiPhone Xを復活させる方法

 

ディスプレイに関する項目で比較しましたが、

いずれも数値を考えると

iPhone Xのディスプレイが優れていることが

一眼でわかります。

 

しかし、iPhone Xのディスプレイが劣る部分もあります。

 

有機ELディスプレイのデメリットは、

寿命が短い・焼きつきしやすい・高額である、

というところです。

 

ただし、寿命が短いとはいえ5年以上は持ちますので、

スマートホンを5年以上も使い続ける方は

少ないので気にする必要もないかとは思います。

 

有機ELディスプレイは黒色がとても鮮やかな発色で、

消費電力量が少ないため節電につながりますので、

焼きつき防止のため同じ画面を

長時間表示させないよう心がければ、

液晶ディスプレイより圧倒的に良いと言えるでしょう。

 

iPhone Xの画面真っ暗なトラブル・原因

iPhone Xディスプレイの仕組みがわかったところで

画面が真っ暗になるトラブルについて

説明をしていきます。

 

なんらかの衝撃や不具合で

iPhone Xの画面が真っ暗になってしまったとき、

大きく分けて二つのパターンがあります。

 

・電源が入っていない

・電源が入っている

 

画面が真っ暗だから電源が入っていない

と思いがちですが、

実は電源が入っていることがあります。

 

一時的なシステムの不具合で

起動していないことがありますので、

①再起動(サイドボタン長押し)

②強制再起動

 (音量を上げるボタン1回・下げるボタン1回押して、

 画面が切り替わるまでサイドボタン長押し/15秒程度)

③電源供給(充電)しながら再度強制再起動

をまず実施し、画面が映らないか試します。

 

それでも画面が真っ暗なままの場合、

④マナースイッチを切り替えて

 バイブレーションが反応するかどうか

⑤マナー解除した状態で音量を上げ

 電源供給がされているLightningケーブルを接続して

 「ポン」と音が鳴るかどうか

の二つの方法を試します。

 

バイブレーション機能がオフだったり

スピーカーの不具合が併発している可能性もあるので、

④⑤の両方で確認した方が良いでしょう。

 

①〜⑤の全てで反応がなかった場合は

電源が入っていない可能性が高いです。

 

電源が入っていない時の原因

・バッテリーの故障・劣化/ドックコネクタの故障

電源が入らない時の原因は多岐に渡りますが、

バッテリーの劣化やドックコネクタの故障が

原因で充電/起動ができないことが多いです。

 

その場合は、パーツ交換をすれば

改善する可能性があります。

 

また、充電時に使用するケーブルが

断線したり故障している可能性がありますので、

別の端末で充電できるか確認することも必要です。

 

・本体電子基板の故障

上記が原因で電源が入らない場合は

パーツを交換しても改善しないため、

メーカーにて本体交換をしてもらうか

機種変更をする必要があります。 

 

電子基板の修理を行っている修理店は

なかなかありませんので厳しいでしょう。 

  

・水没

水やジュースなどを溢して水没し

電源が落ちてしまった場合、

サイドボタンを押して電源を入れようとしたり、

充電ケーブルを繋ぐことは絶対にしないでください。

 

通電させることで内部でショートしてしまうと

乾燥後に復旧することができたかもしないのに

とどめを刺してしまうことになります。

 

タオルで水分をしっかり拭き取ったあとは

本体交換・機種変更を検討するか、

データのバックアップがなければ

水没復旧修理を依頼してデータ救出をしてから

本体交換・機種変更が必要になるでしょう。

 

※水没復旧修理についてはコチラをご覧ください。

 

電源が入っている時の原因

・ディスプレイ(有機EL)の故障

電源が入っていることを確認できたのに

画面が真っ暗で操作ができない場合、

有機ELが故障している可能性が高いです。

 

ディスプレイを交換しても改善しなかった場合は

接続する電子基板が原因のこともあります。

 

・システムの不具合

電源が入るかの確認をした時、画面上に

iTunesマークもしくはノートパソコンマークが

表示されたら、WindowsPCならiTunes、

もしくはMacならFinderを使用して

システムの更新/復元を実施することで

症状が改善する可能性があります。

 

・バッテリーの劣化

充電マークが表示された場合は

1時間ほど充電をして起動しなければ

バッテリーが問題の可能性もありますので

バッテリー交換を試すのが良いでしょう。

 

中には上記方法では改善ができない

システムが要因の場合もありますので、

まずは検証を進める必要があります。 

 

修理依頼するなら

ではその画面が真っ暗な状態を解決するには

どういったところに依頼をすれば

直してもらうことができるのか。

 

ざっくりと3つの方法がありますので、

メリット・デメリットを交えてご紹介します。

 

メーカー・Appleに修理依頼

メーカー修理の方法は

・店頭修理

・配送修理

の2種類があります。

 

<メリット>

・保証期間内であれば保証を適用できる

・正規のパーツを使った修理を受けられる

 

<デメリット>

・修理の来店予約が取りにくい

・予約がなければ修理できないと断れる

・予約がなければ受付してもらえても

 修理完了するまで時間がかかる

・配送修理の場合、一週間ほど時間がかかる

・データが初期化される

・保証満了後は高額修理になる可能性が高い

 

iPhoneの修理といえばメーカー修理が

一番メジャーな依頼方法ではありますが、

デメリットが意外と多いのです。

 

仕方がないとも考えられますが、

突然のトラブルで焦っている時に

すぐサービスを受けられなかったり

データ全部消します、なんて言われると

不安な気持ちになってしまいますよね。

 

携帯キャリアショップに修理依頼

携帯キャリアショップはスマホを購入する際に

来店される方がほとんどなので、

あまり抵抗もなく来店がしやすいかと思います。

 

しかし、全ての店舗で

修理が受けられるわけではないようです。

 

<メリット>

・メーカー直営店・正規修理店に行かなくても

 メーカー修理が受けられる

・店舗が比較的近くにあることが多い

・保証期間内であれば保証を適用できる

・正規のパーツを使った修理を受けられる

 

<デメリット>

・ネットから予約が必要

・店頭修理を受けられる店舗が少なく

 配送修理対応が多い

・配送修理の場合、一週間ほど時間がかかる

・データが初期化される

・保証満了後は高額修理になる可能性が高い

 

メーカー修理とさほど変わりませんが、

キャリアショップはどの地域にもある程度あるため

来店がしやすいのは大きなメリットだと思います。

 

第三者修理店へ修理依頼

第三者修理店というと聞き慣れないかもしれませんが

いわゆる「街のスマホ修理屋さん」です。

 

正規店修理を受けたことがある方は

少々抵抗があるかもしれませんが、

実はメリットが多いのが第三者修理店なのです。

 

<メリット>

・第三者修理店は数がかなり多いため

 正規修理店より近くにあることが多く来店しやすい

・予約が取りやすい

・修理の待ち時間が短い

・パーツ交換修理のため修理費を抑えられる

・予約なしでも比較的スムーズに修理が受けられる

・データがそのままで返ってくる

 

<デメリット>

・第三者修理店で一度でも修理したiPhoneは

 今後正規店の修理は受けられない

・非正規パーツを使用した修理になる

・修理店ごとに使用パーツ・修理技術に差がある

・メーカー/キャリア保証が受けられない

 

もちろん、少なからずデメリットはありますが、

突然のトラブルに柔軟に対応できるのが

第三者修理店の最大の強みなのです!

 

しかし、デメリットにも書きましたが、

第三者修理店の数は多いがゆえに

使用している修理パーツの質が悪かったり、

修理技術が乏しく壊れた状態で返された、

という話をお聞きしたこともあります。

 

そこで、この記事を読んでいただいた方に

必ず確認をしていただきたいのが、

修理依頼を検討している第三者修理店が

【総務省登録修理店】であるかどうかです。

 

【総務省登録修理店】とは、

消費者が安心して安全に修理を受けられる、

高い修理技術・質のよいサービスを提供している、

と国に認められた店舗である証拠です。

 

当店・スマホスピタル和歌山店は

和歌山市内でも数少ない

【総務省登録修理店】の一つです。

 

全国80店舗以上のスマホスピタル系列で

数多くの修理から得た確かな修理技術と豊富な知識で

安心安全な修理を受けていただくことができます。

 

当店は和歌山市内の中心地・JR和歌山駅から

徒歩5分以内の好アクセスで、

周辺には百貨店や食事処も多いため

お出かけついでにお預けいただくお客様も

多数いらっしゃいます。

 

修理だけでなく、トラブルのご相談や

保護フィルムの販売も行っておりますので、

お困り事がございましたら

お気軽にご相談・御来店くださいませ。

 

wakayama

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル和歌山の詳細・アクセス

〒6408342
和歌山県和歌山市友田町4-95 ナカガワビル中4階

営業時間 10:00〜19:30(無休)

電話番号 073-422-8811

E-mail info@iphonerepair-wakayama.com

オンライン予約 スマホスピタル和歌山 WEB予約 >>

一覧に戻る

073-422-8811 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 和歌山

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 和歌山

  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 通信制限無しのPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 和歌山
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル